今池・千種の中華蕎麦「生る」の感想 お店の様子や駐車場など

中華蕎麦「生る」

リピートしたくなるお店
中華蕎麦「生る」を食べログで確認

木の実が生るように
ここに中華蕎麦が生る

というキャッチコピーの「生る」

読み方は「いきる」ではなく「なる」です。

名古屋で1番オススメするラーメン屋さんはどこですか?

「生る」です。地下鉄の今池駅から行けます。

年間ラーメンを100杯以上たべる友人に質問したときに紹介されたお店が「生る」でした。

看板メニューは2つ つけそばと濃厚塩中華そば

生るの券売機

生るの券売機

メインメニューは2つ!「つけそば」と「濃厚塩中華そば」

特製にすると海苔・チャーシューが増量されます。

私が行ったときは、ご飯系は12時すぎに売り切れてしまいました。
(※台風の日に行ったからかもしれないです。)

「生る」の特製つけそばを注文

「生る」の特性つけそば

「生る」の特製つけそば

チャーシューは大きく味玉はトロトロ!赤いゆず胡椒は隠し味に

「生る」の特性つけそばの具

「生る」の特製つけそばの具

特製にしたときの具は海苔が3枚・チャーシューも3枚に増量

チャーシューはかなり大きいです!そしてやわらかく火であぶった味もGood

味玉もしっかりと味がしみ込んでいて中はトロトロでした。

赤いゆず胡椒は辛いですが、濃厚スープに少しずつ入れて食べたら味が変わって楽しめます!

「生る」のつけそばの食べ方

「生る」のつけそばの食べ方

ごめんなさい!食べ方まちがえました…

「赤いゆず胡椒」はスープに混ぜるのではなく、麺に絡めて食べた方がもっとおいしくなるようです!!

スープは冷めても大丈夫!店員さんに温めてもらえます

「生る」のつけそばスープは温めてもらえます

「生る」のつけそばスープは温めてもらえます

つけそばのスープは温めてもらうことができます。

「スープは温めることができるので言ってください!」と事前に言われるので、声はかけやすい雰囲気でした。

つけめん・つけそばは食べてるうちにスープが冷めちゃうから苦手!という方も安心して食べれます。

「生る」特製つけそばを食べた感想

「生る」のつけそばの皿

「生る」のつけそばの皿

私は年間50杯ほどラーメンを食べるのですが、麺と具とスープを別々に出すお店は「生る」がはじめて。

まず麺だけを食べておいしい
次に麺をスープに絡めておいしい~
そして具を一緒に食べておいしぃぃぃ~

といったような味。

麺とスープは私がかつてバイトしてたラーメン屋さんの味に似てました。

ゆず胡椒の存在がけっこう大きくて、お好みでスープの味を変えられる点はよかったです。
(たぶん、ゆず胡椒がなかったら後半スープの味に飽きそう)

途中にお酢などの調味料を使うのもアリです。

「生る」の卓上調味料

「生る」の卓上調味料

味は文句なし。

スープも温めてもらえて白い湯気がうっすら上がるあつあつの状態で食べれて大満足。

シンプルで王道のつけめん・つけそばを食べたいと思ったときは「生る」に行きます。

ごちそうさまでした。

「生る」の室内はキレイです

中華蕎麦 生るの看板と暖簾

中華蕎麦 生るの看板と暖簾

「生る」は2016年の10月にオープンしたので、建物はきれい!

生るの席

生るの席

席数は10ですべてカウンター席。

なので大人数で食べに行くときは1~3人くらいの少人数がいいです。

イスの下には荷物を置けるスペースがあります。

イスがかわいい

生るのハンガーラック

生るのハンガーラック

席数の数だけハンガーがあって便利。

お店は広いので、出るときにハンガーにぶつかってお客さんの服が落下!

なんて心配しなくていいのもGoodポイント

中華蕎麦 生る に並んだ感想

9月の日曜日 11:45頃に到着 台風が夜に直撃する日

開店15分後とはいえ、お店は満席で15人ほど待っていました。

お店の中とお店の外(屋根の下)にある計10個ほどのイスだけでは足りず、マンションのベンチ?にまで並んでいました。

お店の中には名前を順番に書く紙はなく、ベンチに座ってる人の最後尾で待つのが正解です。

しばらくすると店員さんが出てきて、順に食券を購入の案内があります。

注意①
喫煙スペースがベンチの隣にあり、臭いが気になりました
注意②
雨の日や夏冬にベンチで待つのはツラいかも

お店でつけ麺を食べ始めたのは12:30ぐらい、なので45分ほど待ちました。

中華蕎麦「生る」へのアクセスはしづらい 車で行くか 地下鉄から降りて1駅分歩くか

「生る」のややアクセスしづらいお店

「生る」は地下鉄の最寄駅から1km歩きます

地下鉄「今池駅」の1番出口から直進10分

約1kmあるので1駅分くらい歩くようなものです。

「生る」へのアクセスは市バスは便利だがどこからどのバスに乗ればいいか分からない

都通り一丁目」で降りると、お店の目の前につきます。

ただし、どこからどこ行きのバスに乗るのがオススメか分かりません。

地下鉄「今池」から大曽根行きのバス
地下鉄「千種」から緑ヶ丘住宅行きのバス
地下鉄「大曽根」から御器所通り行きのバス

に乗れば、「都通り一丁目」には行けます。

車はアクセスしやすい!でも駐車場が空いてないと焦る

「生る」は環状線の大通りに面しているので車でのアクセスはしやすいです。

ただし無料駐車場は満車だと思ってください。他のお客さんがすでに使っていることが多いです。

300分/100円の駐車場がそこそこ駐車スペースが多いのでオススメ

中華蕎麦「生る」の店舗情報(052-717-6028)

住所:愛知県名古屋市千種区豊年町3−18
電話番号:052-717-6028

営業時間:11:30~14:00 18:00~21:00
定休日:月曜日

公式HP ←臨時休業のお知らせ等を事前に確認できます。

リピートしたくなるお店
中華蕎麦「生る」を食べログで確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です